気にしいな花緑青

冷静に、時に情熱的にどうでもいいことを綴ります。

居残り、さぎり。

f:id:lilylunatic:20170724111521j:plain

 行ってきました。ライビュでの観劇もこれで8度目になりました。

 いつも贔屓を追うことに精一杯で、他の組の知識は無に等しいです。その状態でも、やはり退団公演は胸に刺さるものがありました。

 白い文字で「早霧せいな ラストデイ」と表示された瞬間から涙腺のゆるみは始まっていました。

 冒頭からかなりこみ上げていて、ショーと退団の挨拶ではボロ泣き(ハンカチさえ忘れなければもっと気持ちよく泣けたはず)。

 ゆうみちゃん、お芝居になると本当に別人。声音まで違いますね。違いすぎるほどに違う(とにかく別人に見えることを表現したい)。

 歌唱力の高さも見せつけられました。おそめ……素晴らしい!(;_;)もちろん可愛さも存分に思い知りました。

 あれほど実力を兼ね備えた娘役さんだったとは。
 
 退団の挨拶で、涙を流しても笑って話を続けるちぎさんに打たれました。

 人の涙に弱いなあとつくづく思いましたが、皆さんが笑顔のシーンでもかなり泣いていたので、自分がよくわかりません。

 たくさん書きたいことあるはずなのですが、燃え尽きたので言葉が浮かんできません。

ドラマティックなステージをありがとう。